野生動物の被害が多発する農村。動物と人間の境界線に行く

スポンサーリンク

狩猟解禁前のロケハンの続き。

山を更に登って人里から離れていく。

減っていく民家と逆に増えてくるのが耕作放棄地と箱罠や電気柵。

f:id:hajisummer:20181101160648j:plain

農林水産省の発表によると

平成29年度は農作物被害額は163億円を上回っている状況。

被害のうち、全体の7割以上ががシカ、イノシシ、サルによるもの。

  • さらに、鳥獣被害は営農意欲の減退、耕作放棄地の増加等をもたらし、被害額として数字に現れる以上に農山漁村に深刻な影響。
  • 鳥獣被害が深刻化している要因としては、鳥獣の生息域の拡大、狩猟による捕獲圧の低下、耕作放棄地の増加等が考えられる。
  • 林業被害や人的被害、生活環境の悪化など、中山間地等を中心に被害が深刻化

f:id:hajisummer:20181101160304j:plain

細い道を進んでいくと、箱罠、電気柵、いかにも野生動物がでできそうな厳重な対策がされている。

これは!?




f:id:hajisummer:20181101160337j:plain

進めない。ゲージで完全に封鎖された道。誰がバリケードを作ったのだろうか。

住民か行政か。いずれにせよ困り果てているには違いなさそうだ。

野生動物たちに対して人里に下りてくるなという境界線だろう。

高さは約2メートル、ジャンプで越えて来れないだろう。

この道路からは侵入は完全に防いでいる。でも人間も山に入れない。

f:id:hajisummer:20181101161819j:plain

Uターンするのも結構しんどいのでしばし休憩。

もはや、この先の山は人間が入ってこない。




ジブリ映画もののけ姫さながらの

野生動物の世界なのだ。

そんな想像、いや妄想をしながらコーヒーにお湯を注ぐ。

そういえば今朝の出かけにいつものコーヒーがないのに気づいて、妻にインスタントコーヒーを貰ったのだ。コーヒードリッパーは出番なし。

f:id:hajisummer:20181102100602j:plain

スタバじゃん。スターバックスとスノーピークのコラボ。

アラフォーのおじさんにはオシャレ過ぎる。

f:id:hajisummer:20181101160428j:plain

うまい!!!!一息ついて次の山へ。

ん???なんか良い感じの小道発見!

f:id:hajisummer:20181101160513j:plain

10メートル登ってみると

f:id:hajisummer:20181101160531j:plain

f:id:hajisummer:20181101160555j:plain

おい!最高のローケーションじゃん。こじんまりと切り開かれた原野。

少なめのヒノキ林で太陽光が半日陰で入ってきて明るい。まさに野営する為にあるような場所!!

f:id:hajisummer:20181101160624j:plain

もしも夜中に何か出てきても、最悪30秒で車に逃げ込めるし。次の休みは絶対に来るぞ!!!

気軽にフォロー。Twitterご意見をください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です