鴨南蛮とカモのロースト。わさび醤油で食べてみた

スポンサーリンク

今年の初物を食べました。

ヨメもカモの味に慣れてきているよう。

f:id:hajisummer:20181124153631j:plain

鴨の胸肉ロースト、ワサビ醤油。

狩猟は好き。食べるの大好き。だけど料理は全然ダメ。ジビエ肉が好きですが最近は鴨肉にハマっています。

でも鴨の料理ってフレンチのソースが多くて、バルサミコ酢とかハチミやジャムを使ったフルーツソースとか

難しいんです僕には。

また低温加熱でしっかりと中心まで加熱しながら、中がピンク色の状態でミディアム、柔らかくジューシーに仕上がりにするとか

残念ながら

僕には、、、

そして更に天然ジビエは食中毒菌も怖いからしっかりと熱を通さなくてはなりません。すると、やりすぎて硬くなって、脂が飛んでパサパサで美味しくないですよ。とか

もう、ギブで〜す。

、、、で知り合いの料理人に相談してみました。

すると低温加熱して中がピンク色の状態くらいがいいっすよ。

(僕)だから、それが難しいんだよ!!

(料)う〜ん、じゃあビニール袋を使いなよ。

どゆこと?

フライパンで表裏に焼き目つける。

中まで火が通らなくても良い。

ジップロックなど袋に入れる

70度くらいのお湯で40分

出来上がり。




なんかほんのりピンクな仕上がり。

そしてソースは醤油のみ、

わさび醤油とカモ肉

シンプルイズベスト!

料理が下手な僕でも、

割と簡単に出来ました。

今回は、少々長めに加熱したので、

次回はもっとレアな部分を

増やしてみようかな。

気軽にフォロー。Twitterご意見をください。

キジバト・ジビエの記事↓

初ゲットしたキジバトの食べ方。塩胡椒のレモンバター蒸し

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です