コストコの豆炭のコスパ最強説を徹底解明。焚き火好き必見!

スポンサーリンク




BBQ、焚き火の必須アイテムと言えば炭!

だけど炭代が馬鹿にならない。

 

炭もいろいろあって黒炭、オガ炭、成形炭、備長炭、木炭。

それぞれ特徴があって用途によって、使い分けると効果的です。

焚き火の効率的にするメリット

  • 時間の短縮
  • コスト削減
  • 煙・匂いの軽減
  • 美味しく調理ができる

 

私がコストコでキングスフォードチャコールを買いました。

8,43キロ×2個セットで2,658円でした。

f:id:hajisummer:20181129180245j:image

8、43キロ×2個セットで持って帰るにはめちゃくちゃ重いけど、

1年以上経ってもまだ半分以上残っています。(結構焚き火・BBQしたはず)。

 

コストコの豆炭のコスパを検証

焚き火やBBQ何回分あるのかを検証してみようと

一般的なBBQ(4人で約2時間)

(スノーピークの焚き火台Mを使用するものと仮定)

f:id:hajisummer:20181129180511j:image

チャコールスターターで加熱しました。

実はチャコールスターターや風防は使わないと

時間とコスト面でかなりの差が出ることになります。

不完全燃焼の時間が短くなるので、

無駄な炭の減りが少なくなって経済的。

環境的にも優しいでしょう。

 

f:id:hajisummer:20181129180529j:image

[家族でBBQの流れ]

  1. 最初の10分で炭がいい感じの遠火になるまで加熱
  2. 30分くらい全力で焼いて全力で食べる
  3. 20分くらい惰性で食べる←(ここで少し炭を追加)
  4. 1時間+αは薪を投入したりするから豆炭の消費は少ない。

f:id:hajisummer:20181129180606j:image

最初に焚き火台に広がるくらい15個投入し、

40分後の追加の時に個追加しても計20個になります。

つまり一回のBBQで豆炭20個で済むわけです。




これからが本題です。

コールマンのアフターサービス。保証期間内のノーススター

さあ8、43キロのキングスフォード に何個の豆炭が入っているのか?

f:id:hajisummer:20181126173139j:plain

豆炭一個が24.6グラムだから単純に

8、43キロの袋に342個入っていることになります。

それが2袋だから684個の豆炭です。




684個からBBQ使用分の20個を割ったら約34回分。

f:id:hajisummer:20181126175645j:plain

さささ、34回!!つまり炭代78円/1回

そりゃーコスパが良いってみんな言うわけだ。

近くのホームセンターで買うと炭箱5~600円する。




ちなみにソロキャンパーや少人数なら1回の使用量も少ないわけで。

使っても使っても全然なくならない訳ですよ。

ただ

物価も上がってるし、コストコ会員費や交通費を計算したらアマゾンで買った方がいい‼️

 

気軽にフォロー。Twitterご意見をください。

 

スノーピークのシングルバーナーの話🔻

【最新型シングルバーナー】歴代のスノーピークのギガパワーストーブの改良点。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です