修理から生還したレインストーム!故障の原因が判明。2年目ハンターの恥ずかしい話。

スポンサーリンク

どうも2年目ハンターのネイチャーです。

実は先日から、猟銃が壊れてまして地元の銃砲店に修理入院させていました。

猟期前半のおいしい時期につらい日々を過ごしていたのです。

故障は二重装填による弾詰まり。

f:id:hajisummer:20181202092339j:plain
棒を銃口から差し込み

銃身と同じ直径・長さの棒を差し込み、詰まっているかを確認。

銃弾装着部まで届かない分に詰まっているということになる

f:id:hajisummer:20181202091334j:plainこの間に鉛の弾が詰まってる

5mmの鉛弾が6センチも詰まるってどんだけ?

と銃砲店の店長もドン引きです。

数日後、連絡を受けて銃を引き取りに行きました。

f:id:hajisummer:20181202091833j:plain出てきた鉛弾の残骸

どうやら6、7発は詰まっていたらしい。

ありがとうございます。お恥ずかしい限りです。

エバニックスのレインストームは2012年に改良されて

マガジン(弾を入れてる所)が変更になりました。

より小さくの銃への装着しやすくなりました。

ただし装填の仕様の変更によって、

誤って二重装填してしまう可能性が出てきました。

慣れていれば問題ないのですが、

初心者の私はまんまと間違うのです。

言い訳↓

狩猟試験で勉強した脱砲の励行を中途半端に行った為です。

発射する間際まで、装填したり、しなかったりするから

装填したか分からなくなってしまうのです。

現場での動きを徹底しよう!!!!




、思い出すと

故障した日は休みで気合いを入れていた日で

さらに猟仲間と一緒に出猟で最高の日でした。

柿の畑でヒヨドリを焦点を合わせて

撃とうとしたとき地獄をみたのです。

連休中の猟銃没収。全てを失った感!レインストームが故障

さておき、2週間のブランクを経ていざ鳥撃ちへ

ちゃんとしようと心に誓った2年目ハンター

ではまた。

気軽にフォロー。Twitterご意見をください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です