2018年狩猟の総括。獲った肉を失う悲しさを知る。自給自足。

スポンサーリンク

 

いよいよ今年の終わります。今朝は狩猟に行く予定でしたが、前夜amebaTVの麻雀駅伝2018という番組を見てしまい。朝は起きれずに今年の狩猟は終了。

約1ヶ月カモが獲れていないので、今朝カモを獲り、有終の美で鴨南蛮そばを食べて気持ち良く新年を迎えるはずでしたが、もつ鍋に変更になりました(笑)

ヨメはまだ掃除に精を出しているので、先にカモの手羽焼きを食べながら平成最後の年の瀬に2018年の総括と参りましょう。脂のほどよく乗った鴨で手がベタベタになりますので、マウスとパソコンだけは死守すべく、ウェットティッシュを大量消費中。

 

それではいってみましょー!!!!!!!

 

 

まずはワースト3

回収用の5メートルのタモを紛失

確か今期初めてカルガモを獲った日のこと、興奮してたんでしょうね。川で仕留めて、ダッシュで車に戻ってタモを手に土手を駆け下りました。そこから記憶がありません。きっとなんとか回収して、場所を移動して、すぐに解体したので、川に忘れたのだと思います。ちなみに後日探しに言ってもタモはありませんでした。

続いてワースト2

空気銃の弾詰まり

以前のブログにも書きましたが、2週間くらい銃砲店に入院する羽目に、ネイチャーに知識不足の自業自得。治ってよかった。今期は終了かと思いましたよ。⬇︎よかったら過去記事どうぞ

修理から生還したレインストーム!故障の原因が判明。2年目ハンターの恥ずかしい話。

 

そして記念すべきワースト1

アウトドア用冷凍庫が壊れた!!!

昨年から狩猟を始めたと同時に買った冷凍ストッカー(60リットル直冷式1ドア、約23,000円)。購入は1年前。厳密には2017年11月15日購入。故障が判明したのは11月28日。メーカー保証は1年間!!!!

全く作動していない冷凍庫。いつからか?中は温い。

(ネイチャー)どうにかならないですか?

(メーカー)保証期間を過ぎているのでどうにもなりませんよ。

処分か修理の2択を迫るメーカー。

修理

  • 元払いで送る(送料5000円)
  •    ↓
  • 商品検査手数料と見積もり(2000円)
  •    ↓
  • どうせ直すより買った方が安いと言われるだろう。
  •    ↓
  • 定価で新品と交換!! 
  • つまり、7,000
  • 円かけてまた新品(23,000円)を買う。

圧倒的な養分じゃん!!!

(ネ)それってメーカーに送る意味あるの?

(メ)。。。。。。。。。。

(メ)こういうケースではみなさん自身で処分されますね。

(ネ)ですよね。

(メ)。。。。。。。。。。

ハズレを引いた。にしても通常使用してて1年と2週間で壊れるかなあ。きついよ。金額じゃなくて、中のジビエ肉には漁師ならではの思い出があるんです。

 

しかし学びもあった。

今回の冷凍庫事件で自分で獲った肉を失う悲しさを知れた。これは市販の肉を腐らせてダメにしたのとは天地の差がある。ごめんなさい鳥たち。

ドリップが出まくり、もちろん異臭が放ちまくり

ブログ書いてたら思い出して辛くなってきました。

 

さておき、

 

新年は2月15日まで全力で走っていきます。なぜならまだ今期の達成していない目標があるからです!

  • スズメを獲る
  • 真鴨を獲る
  • ヌートリアを食べる
  • カラスを食べる

などなど。

年内のうちにワースト3の問題はすべて解消されたので、気持ち新たに精進していきます。また今後ともネイチャーハント。2年目サラリーマン猟師のブログをよろしくお願いいたします。

 

カモの手羽うまし。結局マウスはぬるぬるでした。

カルガモ手羽の塩焼き

それでは、良いお年を。

気軽にフォロー。Twitterご意見をください。

⬇︎

実はこれが猟納めでした。よかったら過去記事どうぞ⬇︎

 


にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です