保育園の落選通知が届く、趣味のアウトドアはどうなるの?

スポンサーリンク

自宅の冷蔵庫に張られたカレンダーには1月25日にXデーと書かれている。それはネイチャーの住む岡山市の認可施設の利用許可の結果が出る日なのだ。3歳の怪獣と6歳の怪獣使いの大魔王に支配される我が家にとっては、運命が左右される日と言って過言ではない。

岡山市は入園を希望する子どもの1次募集 が 前年同期比860人増 の 1万8428人 。約1800人が「利用不可」 になる見通しだった。 2019年度当初の受け皿は、保育園や認定こども園の新設などで総定員1万8844人分を確保できるとした。一方、保育士不足で定員以下しか預かれないところもあるとし、待機児童解消のめどは立っていない。 

と新聞には書いてあったが、問題は他にあった。

昨年末に 政府が3歳から5歳までの保育料を原則として無償化を発表。これで世の主婦たちが一斉に方向転換をし、認可保育園に集中するだろうとのことだった。

今まで幼稚園と保育園のどちらに預けるかは、家庭の事情によって、ある程度住み分けされていた。

保育園

  • 夕方まで預かってもらえる(17~19時ごろ)
  • 利用料が高い(家庭よって変動性3~6万/月)
  • 0歳からでも入れる
  • 給食的なものがある

幼稚園

  • 預かってもらえる時間が短い(9~12、9~14時)
  • 利用料が安い(5千円/月)
  • 3歳から受け入れ可能
  • 弁当を持参
  • PTAやママ友付き合いが大変

人生100年、平均年収300万の時代、共働きが当たり前、アルバイトでもパートでも都合が良いのは保育園。ネックなのは利用料だった。それが無料になるならば、保育園に需要が集まるの至極当然。

ネイチャーも3歳の怪獣モスラを預けるために保育園に希望を出した。

結果は

おい。

岡山市長さん、落選しました。




想定はしていたけど、ヨメの落ち込みがハンパない。落ちるんならいってよ~。普通あんなんできる~ってやつです。

さて落選してしまったことが仕方がない。しかしネイチャーの家庭の状況は一変、先1年間のプランは変更せざるを得ない。

もうすぐ冬が終わって、春が来てすぐに夏が来る。

たくさん行きたかった 渓流釣り

今年から始める楽しい渓流釣り

たくさん篭りたかったソロキャンプ

自然を感じ、酒を飲み震えて眠るソロキャンプ

海で魚もたくさん突きたかった。

今回、保育園の利用不可通知が届いたことで、ネイチャーのアウトドアも少しばかり利用不可になった。

すこし考える時間が必要なようだ。

初めて書いたのブログです。1発目よかったら読んでください↓

フォロー。Twitterご意見をください。

きみ可哀想だねとおもったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です