ヌートリアの肝料理。塩や辛味噌でレバーや白子を食べてみる

スポンサーリンク

どうもネイチャーハントです。先日の捕獲したヌートリアを食べてみました。

美味しく食べるのポリシーのもと、

どんな食べ方が良いのかを考えて見ました。

  • ネットで調べる
  • クックパッドやクラシルでレシピを探す
  • 知人に聞く
  • 美味しんぼを読んでみる

あらゆる角度から考えて見たのですが、ヌートリアの食レポはあまりにも少なく、レシピなどは数えるほどしかない。

クックパットで「みんなが作ってるヌートリアレシピ♪」のカテゴリーを見つけたときは心が躍ったが、

3件のレシピしか載っていなかったので笑ってしまった。

ヌートリアの食べ方

  • ヌートリアでダッカルビ
  • チーズホットサンド
  • 中華風スープ

の3レシピが紹介されていた。ダッカルビには少し惹かれたが、いきなりダッカルビはあまりに節操がない。

ヌートリア肉の食べ方はもう少し考えよう。ちゃんと冷凍保存しているから猶予はある

 

しかし内臓は早めに食べなくてはいけない。2、3日で食べた方がいいよ。と言われている。

 

そもそもヌートリアの肝って食べられるの?検索結果ゼロヒット!むしろ食べちゃだめだよ。内臓は寄生虫がいるよと書いてある。うう、どうしよう。

 

河豚(ふぐは)食いたし命は惜しし

意味)快楽や利益は得てみたいが、後のたたりが怖くてためらうことのたとえ

 

塩焼きで食べてみることにしました。

ヌートリアのレバーたたき

寄生虫は気になるが、美味しく食べることが最優先。内臓はレアのほうは臭いが少ないのでロゼくらいの火入れ。

殺菌するけど硬くならないギリギリの仕上がり。臭いはまったく、むしろほんのりと甘い匂いがする。味は豚レバーを少し淡白にしたよう。

食感は溶けかけのバニラアイスくらいだ。後味に山羊のような風味がそよ風に乗ってくる。

続いて

ヌートリアの心臓(左)と白子(右)

心臓は塩焼きで鳥の心臓より一回り大きいくらい。臭いはなく、ハツ独特の歯ごたえはやや強い、味は鳥のハツに近い。美味しい塩で食べたほうが良い。

そして鬼門の白子は絶対にクセが強いとおもったので、ブルギニオンバターを乗せてみた。

臭いは白子特有の生臭さはあるがきつくはない。

薄皮が少し厚く、ソーセージを噛んだ時のような食感と薄めの味の白子がトロリ。




残りのレバーはしっかり焼いてタレ焼きにしてみた。

ヌートリアレバーのよく焼き辛みそダレ

よく焼いたほうが美味い。いろいろと気にしないで食べられるし、しっかり焼いても臭いもない。

淡白なので濃い目のタレで味付けした方が奏功。

なかなかヌートリアのモツを食べる人はいないと思うが、この食べ方を推奨します。

 

https://www.youtube.com/watch?v=sQ7EcC4Fb2Y&t=62s

 

気軽にフォロー。Twitterご意見をください。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です