焼きはまぐりの作り方。シングルバーナーで焼いてみる

スポンサーリンク

シングルバーナーチャレンジ4

はまぐりをシングルバーナーで焼いてみた。

はまぐりの旬は2~3月。

季節外れにも11月にスーパーに売っていた。値段も破格で、産地は中国、サイズも小さくアサリくらいです。世間の常識ある妻たちは買わないであろうレベル。

今年の夏からシングルバーナーチャレンジをしている。

とにかく何でも焼いてみたいのです。

勢いで購入。

 




近年ハマグリの貝毒の事故が多発しているので注意が必要です。

どうかあたりませんように・・・・・

 

焼きハマグリの作り方

①塩抜きする

塩水につけておき、砂や海水を吐かせる

塩抜きのポイント

  • はまぐりが重ならないようにすること
  • 少し顔を出すくらいの水位で深すぎないようにすること

 

塩抜きがゆっくり5時間くらいが理想的です。




 

②蝶番を切り取る

蝶番を切りとると加熱しても貝殻が開かなくなります。
焼けるとパカッ!の時にバランスがくずれてお汁がこぼれてしまうのを阻止できます。

③ハマグリを焼く

ホタテ貝のように表裏はなく、どちらの面を焼いてもかまいません。強火で素早く焼きあげる方が美味しいです。

④汁を捨てる

少し口が開いたら汁をきります。加熱により旨味が海水に
溶け出す前に余分な海水を吐き出させます。(濃いうま味が味わえます)

⑤貝殻をはずす

蝶番を切ってあるので、頃合いをみてはずします。

簡単に貝殻がはずれなければ、まだ焼けていません。

⑥もう一度焼く

ぐつぐつ煮えれば出来上がりです。




⑦醤油をたらり

はまぐりの旨味と醤油が香ばしい。

⑧汁を飲む

なにより汁が美味しいです。

 

 

動画

YouTubeもやっています。チャンネル登録お願いします。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

Twitter始めました。気軽にフォローお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です