猪肉の串焼きの作り方。魚焼きグリルで猪をカリカリでヘルシーに仕上げる

スポンサーリンク

猟師から雄猪のもも肉をもらいました。

甘い脂が乗った猪はどん食べ方でも美味しい。

 

解体用のナイフはビクトリノックス





一口大にカットした猪を串に刺す。

 

ジャーン。

 

 




味付けは塩こしょう。

濃いめがオススメです。

魚焼きグリルで焼きます。

両面を遠赤外線でカリカリに焼けますし、脂身が多いの肉も煙がそこまで気になりません。

焼くこと10分。IHクッキングヒーターのグリルは遠赤外線8割+近赤外線2割で

炭火の仕上がりにかなり近いようです。「外はパリっと、中はジューシー」




 

グリルで焼いた猪が美味しい

  • 脂がパリパリ
  • 表面がカリカリ
  • 肉がふわふわ
  • 旨味がジューシー
  • 煙がすごいけど、換気扇へ直行で嬉しい

動画

 

Twitter始めました。気軽にフォローお願いします。

 

 

それにしてもIHの魚グリルが炭火と同じということで、

また焚き火から足が遠のきそうです。

 

[blogcard url=”https://nature-hunt.jp/2019/02/25/%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e7%84%9a%e3%81%8d%e7%81%ab%e3%81%a8%e7%b0%a1%e5%8d%98%e7%81%ab%e4%bb%98%e3%81%91%e3%80%82%e7%9d%80%e7%81%ab%e5%89%a4%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%82%8f%e3%81%9a/”]

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です