キャンプ友達を骨付き肉で誘い出すためのBBQ

スポンサーリンク




キャンプに行って焚き火がしたい。

 

そんな些細な願いも無慈悲に砕け散りました。

暖冬の影響でずっと楽しみにしていた雪キャンプが延期になったのです。

 

記録的な暖冬

岡山県では初雪の便りが観測史上でこれまで最も遅かった1964年の1月19日の記録を56年ぶりに更新。

今後しばらく降雪の予定はないらしい。

 

雪上で盛大な焚き火で暖を取りながらBBQしたいんです。

 

キャンプは2月に延期になったが、心が追い付かない。

 

キャンプ友達のK氏はどう納得したのだろう。

猪肉があるので、それを餌に呼び出してみました。




スペアリブ

骨付きばら肉。煮込み・バーベキューなどに用いる

猟師が獲ったばかりのイノシシの骨付き肉。

冬の猪はメスが美味しい。

しかも岡山県の名産品のぶどう「ピオーネ」の畑で育ったイノシシなので、

甘くて美味しいことでしょう。

猪肉の骨付きBBQ動画

キャンプ友達のK氏は雪キャンプの延期を全く気にしていなかった。無理して雪のある場所に遠出して雪キャンプをするよりは、素直に延期することを希望していた。

 

そして

 

ただイノシシ肉が美味しいと嬉しそうにかぶりついていた。

味は極上の豚肉とほとんど変わらず、微かにワイルドな味がする。

脂は豚肉よりも旨味があるのに、しつこくなく美味しいです。

 

猪のハラミ

猪のハラミは鉄板焼きにしました。

ジビエはしっかり焼くのが鉄則で、E型肝炎に注意です。




猪肉は火を入れ過ぎても固くならないと聞いたことがある。

思い切って加熱します。

網焼きもしてみたり。

庭でBBQしても楽しいんだけどやっぱり山の中で焚火したい。

はあ~キャンプ行きたい。

 

欲望を発散するための行動が裏目にでました。

 

Twitter始めました。気軽にフォローお願いします

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村