猪肉の土手焼きを煮込みながら食べる。白米が進むジビエ

スポンサーリンク




猪肉の美味しいところをいっぱい食べたい。

部位はロースとハラミです

 

部位ごとのおすすめの食べ方

[blogcard url=”https://nature-hunt.jp/2020/01/29/猪肉の部位の紹介とおすすめ料理/”]

 

きっと相性の良い食べ方と個人の嗜好は違います。

その日の気分によっても感じ方が変わることもあるでしょう。

 

 

今日はみそ味の土手鍋にします。

[blogcard url=”https://twitter.com/haji_summer/status/1223131247137812481?s=20″]

 

 




土手鍋とは?

出汁や調味料を加えて練った味噌を鍋の内側の側面に土手のように塗り付けて、

だし汁を入れて味噌を少しずつ溶かしながら煮て食べる料理

 

材料

  • イノシシ肉
  • 白菜
  • 長ネギ
  • (料理酒)
  • (みりん)
  • (しょうゆ
  • (砂糖)

今回使う味噌は、越後みそ(黄金みそ)とも呼ばれます。

赤色系の味噌で辛味です。猪の甘みがとても合います。

小さな土鍋に塗っていきます。

越後味噌は(大豆:米麹=1:1)で水分が多めなので、

塗りやすいです。

味噌のみで少し空焚きすると、焦げた味噌の臭いがしてきます。

焼き過ぎると焦げてしまい、土鍋も割れてしまうので要注意です。

白菜を入れて蓋をすると、5分ほどで、野菜から水分が出てきます。

想定内の無水鍋!

 

イノシシ肉を乗せて水分を飛ばしつつ焦げ付かないように煮込んだら完成です。

おつまみのつもりでしたが、ご飯が進むやつでした。

動画

 




[blogcard url=”https://www.youtube.com/watch?v=pDvZnY14k_s”]

 

 

Twitter始めました。気軽にフォローお願いします

 

[blogcard url=”https://nature-hunt.jp/2019/12/08/キジの美味しい食べ方。部位別にジビエの美味し/”]




[blogcard url=”https://nature-hunt.jp/2019/11/27/鴨の下処理と狩猟の鳥を美味しく食べるための方/”]

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です