アウトドアの新しい提案ベランピングとは?家キャンプ・庭キャンプ

スポンサーリンク

空前のアウトドアブーム。

キャンプはファミリーキャンプとソロキャンプに枝分かれをして、

ファミリーキャンプはグランピングと変化して、

ソロキャンプは野営を進化をしました。




キャンプ文化

 

 

そんな2020年春先の繁忙期にまさかの自粛要請です。

キャンプ場は臨時閉鎖を余儀なく公園までも自粛の雰囲気です。

 

そして誕生したのが家キャンプ・庭キャンプ、そしてベランピングです。

ランピングとはベランダとグランピングを合わせた造語です。ベランダは洗濯物や布団を干すだけの場所ではもったいない。

家のベランダでできるアウトドアの新しい形。

しかし我が家にはおおきなバルコニーはもちろんなく、

小さなベランダ(3〜4畳の)に余裕はない。

狭いスペースにいったい何ができるのか?

そもそもベランンピングで何をすれば良いのだろう?

とにかくテントを設営してみました。

2人用のモンベル・ステラリッジテント。




狭いベランダでは無理なのか?

狭いベランダでベランピングを行うの場合はタープを張って、

椅子とテーブルで優雅に食事するのが正解だろう。

まあいっか

まずは肉を焼く

激安のサーロインステーキを焼いてみよう。

当たり前だがキャンプ場とは時間の流れ方が違います。

だって家だもん。しかも地はコンクリートなのでとても人工的空間。

アウトドア感は感じられませんね。

まあビールを飲んでしまえば一緒です。

なんかちょっと食って寝るだけの空間。

 

いいぞ、これぞ男の趣味って感じですね👍

ちょっと寂しくなったので子供たちを呼んでみました。

「おーい太郎よ二郎。好きにアレンジしていいよ〜」




子供の発想力

!!!!!!!!!!!!!!!!

子どもの想像力やば!

一瞬でパラレルワールドになりました。

でもちょっとベランピング感が出てきたぞ。

満を持してテーブルが登場すると完成系になった。

【ベランピングで青空カレー】

ちなみに2日目の残りカレーなので最高に美味しいヤツです。

グランピングの注意点は暑さです。

タープを張らない場合はもちろん太陽光、コンクリートの熱・照り返しがあります。

今回はカレーの辛さも加わって、すぐに汗だくで全員タンクトップになりました。




初めてのベランピングでわかったこと

  • ベランピングを狭いスペースで行う場合は少なくなるので、寝ることは考えずに食事を楽しむことに重点をおくこと
  • 日中は暑さ対策を怠らず、タープなしでは日焼けを目的としない以外は不可能に近い(暑い・眩しい)
  • 外で食べるカレーは美味しく、タントップとよく合う

 

こんな時だからアウトドア料理に精を出す。ウイルスに負けるな!

Twitter始めました。気軽にフォローお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です