ぶどうジャムの作り方。高級ピオーネジャムのアウトドアクッキング

スポンサーリンク

秋の味覚の王様はぶどう!

その中でも特にボスキャラ感を放つ「ピオーネ」




ピオーネの生産量1位は岡山県

ピオーネは巨峰の血を受け継ぎ、色は濃い紫から紫黒色で、粒が非常に大きく食べ応えがあるブドウです。果粒は巨峰よりやや大きく、爽快な香気(マスカット)をもち、風味が大変いいです。多汁で、糖度も16度以上になり、強い甘さとそれを支える酸味を持っています。最近は種無し栽培が盛んで、巨峰と並ぶ人気があります。




ぶどうジャムの作り方

  1. ぶどう(ピオーネ)の皮をむく
  2. 皮を煮込んで色素を抽出する
  3. 実と色素水と砂糖とレモン汁を火にかける
  4. 灰汁を除きながら20分ほど弱火
  5. 水分が半分飛んだら冷やす

 

剥いた皮と少量の水で煮出すと色素が抽出できます。

 

今回は水100ccを使用。

皮がうっすら白くなったら皮をとり出します。

煮出した紫色の液体と佐藤50グラムと一緒に果実を火にかけます。

レモン汁を少々入れると鮮やかな色が出ます。

様子を見ながら中火で焦げないように気をつけます。

焦げてしまうと綺麗な色が出ません。

水分が蒸発して半分くらいになったらジャムを冷やします。

冷えると凝固して若干ペースト状になります。

 

あとはコーヒーを用意したら完成です。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村