空き缶でご飯を炊いてみた。飯ごうを敢えて使わないコト消費。

スポンサーリンク

ひさびさに休みが取れたので、のんびりデイキャンプです。と言っても3歳の次男が付いてきていますので、ちょろちょろと走り回り、気が抜けません。

f:id:hajisummer:20181029142729j:image

そして昼飯を食べさせて下さいと妻から入電。焼き鳥かソーセージを焼いてみようか。とその時イノシシ食べたい。次男からのご依頼。彼は好きなんです。キャンプやバーベキューには猪肉を食べるものと思っているようだ。

まあ実際そうなんだが。でも、そしたら私の食べたいし、食べたら飲みたいし、飲んだら運転出来ないし、、、

ダメダメ‼️

でも狩猟を好きになって欲しい父としては、実はダメとも言い難い。じゃー何か他に楽しいアクティビティご飯にしよう、、、空き缶ご飯‼️あえて飯ごうは使いません。

f:id:hajisummer:20181029214205j:plain

いざ、子ども一緒に枝を集め

f:id:hajisummer:20181029114100j:image

子どもと一緒に火を眺め

f:id:hajisummer:20181029114120j:image

炊けるまではそれぞれの時間を過ごす。

f:id:hajisummer:20181029114243j:image

もちろんアクシデントは次々と。当たり前に起こります。




  1. 三歳坊、薪入れが好きなので任せたら、一気に全投下、いきなり燃料ない状態に。
  2. 火がついて、しばらくすると空き缶を倒し、生米とお湯が流れ出る事態。
  3.  さらに強めの風でアルミホイルの蓋が飛んでいくなど。

やってくれるぜ。

事前に空き缶でご飯の作り方を調べて行きましたが、トラブルにより火力も水の量も、時間も適当です。ちゃんと出来るんかな

f:id:hajisummer:20181029115235j:image

そんなこんなで、完成。なんか、それっぽい。

f:id:hajisummer:20181029115303j:image

子どもに人気のノリタマ

f:id:hajisummer:20181029115402j:image

f:id:hajisummer:20181029205740j:image

なんとか出来るもんです。ご飯が少しが固くても、逆にそれが美味しいってなるんです。それがアウトドアの良さ。手間と時間をかけて、

モノに頼らず、アナログ的体験を。




空き缶でご飯を炊いたコト。次男坊主。実際どうなのよコト消費体験は??3歳男子は何も答えず、石を拾い続ける。

「すごい。これ大好き!!!」

と聞けて嬉しかった休日の朝。

f:id:hajisummer:20181029143250j:image

ではまた。

 

気軽にフォロー。Twitterご意見をください。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です