狩猟解禁前の下見は大事。目標はマガモ・カルガモ。

スポンサーリンク

最近は出勤前に下見ばかりです。

今回は水場にカモを探しきました。

朝と夕方、何回か行っているので個体の数、種類、行動を把握しています。

ヒドリガモが多いがカルガモが5匹混じってます。

f:id:hajisummer:20181106160731j:plain

こっちの土手から回って、そぉーと登って、狙う。

、、、とイメージは完璧です。

岡山県は11月15日が狩猟解禁日

もちろん休みを取っておりますし、妻も頼むー行かせてくれい。と承諾済み。

私は昨年の12月末に許可を申請し、1月から出猟しましたので狩猟解禁日の11月からの猟は初めてなんです。

動物たちは狩猟期間の前半は警戒心がまだ薄く、捕まえやすい。もちろん猟師たちもそれを狙って動くと思うので初日から、狙われるうちに動物たちもどんどん学んで、より安全な場所に移動して行くんです。感覚も過敏になり警戒心を強めていきます。




動物にとって安全な場所とは

  • 禁猟区域・特定猟具使用禁止区域
  • 障害物があって狙いにくい
  • 大きな池で陸地から遠い
  • 猟師が獲物を回収しにくい

何日か下見をした結果、狩猟期間によって、警戒心を強めていく傾向があるようです。

  • 近所の池→離れた川→禁猟区
  • 狙いやすい→つらい→獲っちゃダメ

やはり鳥たちは狩猟をする猟師の存在に気づいているんです。去年は池はほぼ全滅、時期的に、池の水も凍ったりしていたので、川を主な猟場所にしていました。

今年は池をぐるぐる回って、後半は川のコースの予定です。

 




今年は新しい狩猟道具も導入します。

f:id:hajisummer:20181106164607j:image

ラジコンボートと浮き、カワハギ用の仕掛け針。

f:id:hajisummer:20181106164627j:image

紐を縛ればカモキャッチャー。これで獲れまくっても池の真ん中のカモも回収しまくり‼️だだバッテリーが10分と持たない。注意が必要です。

狩猟道具が増えました↓

サラリーマンが久しぶりの狩猟へ。鴨の解体・裁きが楽になった。

ではまた。

気軽にフォロー。Twitterご意見をください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です