家庭菜園でカブ作りに失敗。原因はネキリムシ!

スポンサーリンク

去年から始めた家庭菜園。はっば

春から、知識ゼロからやってみた野菜作り。知識がなくても何とかなると思っていましたが

、、、こんなにも失敗するとは。

特に一番楽しみにしていたカブは悲惨で衝撃的な失敗になりました。

家庭菜園初年度の締めくくりはカブと決めていました。カブが大好きなんです。

カブの魅力

  • アヒージョにして良し
  • 漬物にして良し
  • 煮て良し、焼いて良し
  • 葉っぱまで食べて良し




順調に育っていたカブに葉の虫食いが目立ってきたのは収穫の1ヶ月前。

経過と共に穴が増えていきました。

それでも

緑色のイモムシをみつけると、取り除くくらいで楽観視を続けていました。

 

そして 地獄を見た!!!!!

f:id:hajisummer:20181122201337j:image

原因はネキリムシ。

蛾の幼虫の総称で若齢幼虫は淡緑色、幼虫は暗灰褐色になる。幼虫は若齢期を除いて植物体上に留まらず、土中などに潜む。夜間に活動し、移動しながら次々に株を倒すので、発生数が少なくても被害が大きくなる。

そう。葉を食べて大きくなった幼虫は、土の中に潜り、カブを食べていたのです。

f:id:hajisummer:20181122164010j:image

直ちに対策をしました。

f:id:hajisummer:20181122164029j:image

すでに手遅れかもしれませんが、もう一列ほどカブの苗があるので

今からでも対策します。

一年間通して作った野菜はピーマン・ニンジン・トマト・じゃがいも・ニンジン・さつまいも・カブ、はっきり言って全てが失敗でした。

  • 2月植えのピーマン6月収穫→まずまず
  • 3月植えのジャガイモ6月収穫→小さい
  • 4月植えのトマト、7月収穫→まずまず
  • 4月植えのニンジン、7月収穫→小さいくて全滅
  • 6月植えのサツマイモ10月収穫→小さい
  • 8月植えのカブ11月収穫→虫害で全滅




そもそも900mm×1800mmの小さい畑でこれだけの種類を育てよう!に無理があるんではないか。

さらに今まで、野菜はもちろん、花すら育てたことがない素人が、準備や勉強もせずに勢いだけで始めた。

成功するわけないじゃん!!!

、、、失敗するって知ってたよ。

でも一通り挑戦して、次回に生かすってのが性分。

さて気を取り直していってみよう。

問題点

  • 原因1 株間が狭い
  • 原因2 間引きや芽かき
  • 原因3 土壌のPH調整
  • 原因4 肥料や土の栄養




今年の収穫が終わったら、春まで何も植える予定がないので、

原因1を解決すべく畑をすこし大きくしようと思います。

f:id:hajisummer:20181122164114j:image

気軽にフォロー。Twitterご意見をください。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です