空気銃による狩猟。カモ&ヌートリア猟。池の回収が難しい

スポンサーリンク

1月3日、初出猟です。日の出はAM7:15、元旦の初詣の帰り道に普段は通らない川でカルガモ群を見つけたので、行って見ました。今年の目標はクール&クレバー安全狩猟です。景気良くゲットしたいです。

 

 

川に着くなり、早速5匹くらいの群を発見。対岸を散歩するビーグル連れの夫婦が通り過ぎるのを待ってから忍んで猛進です。

もちろん立射です‼️先日のキジ戦いで課題になりましたからね。⬇︎よかったら過去記事どうぞ↓

 

https://nature-hunt.jp/2018/12/21/%E3%82%AD%E3%82%B8%E3%81%A8%E7%A9%BA%E6%B0%97%E9%8A%83%E3%81%A7%E9%9C%A7%E3%81%8C%E7%AB%8B%E3%81%A1%E3%81%93%E3%82%81%E3%82%8B%E6%97%A9%E6%9C%9D%E3%80%81%E7%AB%8B%E5%B0%84%E3%81%A8%E8%86%9D%E5%B0%84/

 

 

距離は30メートル、立射で当たるかな?とまた雑念が湧いてきた。

、、、こういう時は当たらない事が多い。

 

バチン‼️

 

1匹を残して飛び立つカモ群。

命中。

 

慣れない立射で弾道は見えなかったが、反応からして羽か足に着弾かな。

直ぐに二の矢

 

ボチャ。

外した。へッドを抜けて水面が弾ける。

 

三の矢。手応えはあったが、カモに変化なし。外したのか?

 

ーそこから記憶なしー

四の矢。

五の矢

 

ネイチャーの使用している空気銃レインストームは5発まで装填できて、コッキングレバーを引けば連続発射できる。

つまりもう弾は無い。標的の状態は不明だが回収に向かう。2年目のネイチャー、同一標的に5発も撃ったのは初めてだ。

この下手くそが!格好悪い。全くクール&クレバーではない。そもそも、なぜクール&クレバー狩猟を目指すのか。

  • 獲物を苦しませない為
  • 肉を傷つけない為
  • 弾の節約
  • 時間の有効利用
  • 猟果アップ
  •  

 

ともあれ回収だ。

・・・4メートルタモでは届きませんが?

ネイチャーの回収下手は相変わらずのようです。さてどうしたものか。投石波紋作戦か寒中水泳作戦か?

冒頭のビーグル夫婦の夫さんが網を持ってチャリで向かってくるのが見える!!

 

なんと夫さんが入水できずにまごまごしているネイチャーを見かねて、わざわざ自身の釣り用の5.5メートルの網を持って来てくださったのだ。狩猟はされていないとのことなのでネイチャーハントのブログは見ることはないと思いますが、「感謝をしております」

⬆︎ありがとうございます。

伝われーーーーーー!!!

 

ビーグル夫さんのお陰様でなんとか回収成功。

新年の初物、苦労したカルガモ。

ビーグルさんと話し混んでしまって(ビーグルの話)時間がなくなったので解体して帰ろうかな。

毛の処理のコツをつかんできた

さて帰ってヨメと子どもたちのゴマと擦るか。(AM8:42)

遠くで日向ぼっこ中のヌートリア(150メートル)

時刻はAM8:46、よし。

ヌートリアは今期に掲げている目標の中の一つ。よし狙ってみるか。

 

 

先ほど5発を弾を使い切っているので、このままでは空撃ちになる。いつになく冷静ネイチャーは落ち着いて弾を詰める。(クール)この間逃げたら諦めよう。(クレバー)。

 

ヌートリアは装填後も日向ぼっこ中のご様子。100メートルオーバーは今のネイチャーに立射は絶対に無理なので、膝射で狙います。片膝をついて脇を固めると圧倒的な安定感。やっぱこれだな〜。当たる気がする。


膝射/ネイチャー基本の射撃姿勢

ドボン。

 

無理でした。

可愛いな。

 

まあカルガモが獲れたし、幸先良い初狩猟でした。

やはり足の付け根に被弾

ではまた。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です