シングルバーナーのDIY。アウトドアバーナーを使いやすくDIY

スポンサーリンク

シングルバーナーを使いこなしたい。

先日は缶詰バーベキューをしてみた⇩(誰でもできる)

シングルバーナーレベル2

になりました。




【お手軽アウトドアレシピ】コーンバターの缶詰バーベキュー。

各メーカーからシングルバーナーが販売され、多種多様なアウトドアバーナーが競い合うバーナー戦国時代。このブログでは商品を比較するよりも、多角的にシングルバーナーの活用方法を探っていきたい。

 

今回はシングルバーナーで直火焼きをしようと思うわけだが、問題がいくつかある。




シングルバーナーで直火焼きする問題点

  • 火が近過ぎて焦げてしまう
  • 油が落ちてヘッドやOD缶が汚れる
  • 火の広がりが小さいので少量しか焼けない。

スノーピークのギガパワーストーブは風が無ければ、かなり弱火でも安定しているので、

最弱の弱火で挑戦する。油の汚れの対策には「ウィンドスクリーン」という商品が使えるかもしれない。

本来は風防として効果を得るための商品だが、下に落ちる油避けに使ってみる

廃盤の商品なので、価格が高騰しているのがとても気になる。(当時は1,000円だったなあ)

 

なんと数年で6倍になっていて、高過ぎて買えない。

なので「スノーピークのウィンドスクリーン」を自作してみる。




材料は蚊取り線香のお徳用ケースの蓋。

上記の正規品のウィンドスクリーンよりもサイズが少し大きくなるが、

大は小を兼ねて、油避けにはちょうど良い。

理想の形。

想定外にもスノーピークのOD缶と色合いがマッチしている。

 

スノーピークのお客様センターに問い合わせて素材や形状を確認。

在庫はもちろん、設計図が欲しかったが、もちろんありませんでした。

なので設計図も自力で作成。

何とか作ってみようと思います。

フリーハンドで作った設計図に合わせて、蚊取り線香を切り抜く作業が、

今回のDIYの鬼門になりそうだ。




失敗の許されぬ作業になる。

 

試しに

完成した設計図で切り取ったアルミホイルを使ってみます。

シングルバーナーでホタルイカの直火焼き

アルミホイルで心許ないが、なんとか油避けにはなりそうである。

ホタルイカを焼いてみる。

失敗の可能性のある第一弾にしては希おてらった食材ではあるが、

以前のブログで書いた。「ホタルイカの串焼き」の美味しさが忘れられない。




ホタルイカの串焼き。直火焼きで香ばしく美味しい簡単レシピ

次回はウィンドスクリーンが完成するはずである。

シングルバーナーDIY 後編へ

Twitter始めました。気軽にフォローお願いします

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です