子どもと登る百名山・徳島剣山。7歳(小学1年)の登山記録

スポンサーリンク

見ノ越登山口から歩いて登ります。

電車とバスを乗り継いで徳島・剣山登山。子どもと夏休みの旅

劔神社の横に登山道があり、120段くらいの階段からスタートです。

早速、流れる山水に夢中。先が思いやられる。。。。




 

大劔神社で安全祈願。

 

いよいよ山の中へ

 

頂上まで4000メートルか。頑張れよ長男(7歳)。

 

大劔神社から15分後

 

子どもには危険な箇所もあり、手すりがあると安心する。

 

駐車所をみおろすと、登ってきた感じがします。

 

リフトと交差する箇所にはトンネルがあります。

 

ここまでは大劔神社から20





頂上まで2,880メートル。

リフトの終着の西島駅までは930メートル。

 

すれ違う大人に「小さいのにたくましいね」と褒められて図に乗る小学1年の長男。

 

気分が乗っているうちにどんどん進んでおこう。

案内標識があった。

西島駅まで400メートル(大劔神社から35分

 

 

結構こわい橋もありました。





すると平らな登りが続きます。

大劔神社から45分

 

 

ここが最後の難所でしょうか(西島駅まで)

 

 

登山リフトの終着駅の西島駅の周辺にある野営場が見えてきた

 

 

左上に見えるのが西島駅

 

 

 

そして西島駅に到着(大劔神社から50分

 

トイレもありますが、あまり綺麗ではありません。

標高1,750メートルの西島駅からの景色。

ちなみに乗るときはリュックは前に背負いましょう。

 

 

見ノ越~西島 間のリフトは片道ーーー円

15分間の運行でーーーメートルを登ることになる。

行きのリフトは下から上、帰りは上から下の景色になるので、

帰りに絶景を見ながらリフトで降りてくるおすすめです。




ここから頂上までは40分とあるが、

 

 

いきなりキツイ登りが続き

 

かなり疲れが来ているようで、疲れたとつぶやいたり

 

西島駅から15分、登りが続いて「刀掛の松」に到着。

 

屋島の合戦に敗れた平家が、安徳天皇と東祖谷(剣山の西)に落延び、源氏滅亡を祈願し剣山の頂上付近に宝剣を納めた伝説があります。安徳帝が剣山へ登る途中、この場所で休んでいた時、汗だくで宝剣を持ち続けている従者に気遣い、松の枝に宝剣を掛けて汗を拭くよう言葉をかけられたそうです。それ以来、この場所を「刀掛の松」と呼ぶようになったと言われています。





枝折神社という小さな祠(ほこら)があって一の森・山頂大劔神社と3方向の分岐点になります。

ちなみに山頂へは560メートル

本格的に休憩をしましたが疲れは色濃く、ここからは気力を振り絞って登ったようでした。

刀掛の松」から30分で山頂の鳥居がみえてくると

ダッシュ。

最後までダッシュなのです。

剣山登頂!

剣山頂上ヒュッテ

もちろん長男(7歳)は初めての山小屋にドキドキする。

とわが子ながら可愛らしい一言。

Twitter始めました。気軽にフォローお願いします

おすすめのキッズ登山靴10選。子どもと一緒にお洒落に安全に楽しもう。

続編は剣山頂上ヒュッテの晩ごはんを紹介。

剣山の頂上ヒュッテへ。1泊2食と満天の星空と御来光

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です