子供と登る那岐山。登山ルートは3コース、小学1年生が登頂

スポンサーリンク

45リットルザックに荷物を約20キロを詰め込んで、子どもと登山テント泊に出発です。

主な荷物

  • テント
  • シュラフ2
  • マット2
  • 調理器具
  • 食べ物
  • 飲み物
  • 水2.5リットル
  • ライト系
  • 着替え




那岐山 標高1255メートル

那岐山(なぎさん)は鳥取県八頭郡智頭町と岡山県勝田郡奈義町の境界にある山。「なぎせん」とも呼ばれる。氷ノ山、後山などと並んで、氷ノ山後山那岐山国定公園の区域に指定されている。山麓には蛇淵の滝など多くの滝や城跡があり、山頂からは360度の大パノラマ展望が楽しめる。東には岡山県最高峰の後山(標高1344メートル)。西には大山、南には瀬戸内海が望めます。植生も豊かで、初夏にはドウダンツツジ、秋には紅葉。四季折々の姿が楽しめます。

小学1年生でも登れるギリの山で有名。

登山口には駐車場が3つあります。

  • 第一駐車場
  • 第二駐車場
  • 第三駐車場

第三駐車場が一番登山口に近いので人気です。

ハイシーズンで満車の場合は山道に路駐しているようです。

第三駐車駐車場から登山口までは徒歩5分。

登山口出発(12:50)

那岐山は昔からずっと、クマがいる山として有名。

山にごみを捨てるな看板の上に広告が貼ってありました。

熊 出没注意

那岐山はツキノワグマの生息地です。入山の際はクマの出没情報を収集し、安全な行動に心がけてください。

  • 入山の際は個人行動を避けラジオ・鈴・笛などを携行する
  • 食べ物の残りは全て持ち帰る
  • 足跡・糞・クマ棚を見つけたら、直ちに立ち去る

クマに遭遇したら

  • 落ち着いて静かにその場を立ち去る

  • 気づかれても騒がず、クマの反対方向へ避難する

登山道がA・B・Cの3コースがあります。

Bコース登山口までは200メートル(右)

Cコースは山頂まで3100メートル(左)

おお、いきなり大きな石がころころ。歩きずらい。

おもちゃの鈴はクマよけです(笑)

 




 

分岐点に着いたので休憩。(13:31)

頂上まで2400メートル。

勾配がキツイし、岩場が多いので疲れ始めたころに水場(13:54

歩き始めて1時間。

子どもは 山の神様の水  が大好き。

大きな木が倒れているすごい道ある。(14:03)

・・・・・・

このことからかなりキツイ。

荷物が重すぎた。





那岐山は案内看板が少ない。かれこれ1時間も看板ない。

 

 

やっと看板が見えてきて安心した。(14:46)

 

大神岩に登って景色を見てみよう

ちょうど半分、折り返し地点の大神岩からの景色に大興奮。

(やや危険ですのでお気をつけください)

その後

ながいストロークが続き

あと1100メートル。(15:13)

息子にガムをもらう。甘くて気持ち悪いと半信半疑だったが、ガムって元気になるんだね。

初めて〇合目標識ありました。これ好きなんだよね。

那岐山八合目。(15:40)出発から3時間です。

山頂まで、あと600メートル案内看板。登りの角度がきつ過ぎる。

もうすぐ山頂(15:56)

息子(7歳)が突然のラストスパート。

た、頼む待ってください。

まって下さい息子!(16:03)

着いたーと息子が呼んでる(16:04)

でもまだ山頂まで400メートルある。





ここには那岐の家というトイレのある建物があります。

那岐の家のトイレ

当たり前だが、それなりのトイレです。

那岐の家から200メートル先に避難小屋

中には電気もあるし、十分な広さがあります。

やっと登頂です。(16時30分)

総登山時間は3時間40分。

Cコースは那岐山の3コースの中では一番簡単と言われるコースだが、岩場の登りが多く足元が安定しない印象。

テントは那岐の家付近の邪魔にならない場所に張ります。

山頂にむちゃくちゃシカの糞があります。

夜来るんじゃない?動物たちがパーティーするんじゃない?と嬉しそうな息子。

前日の絵本が効いているようだ。

おすすめの登山の絵本 ポレポレやまのぼり

 

Twitter始めました。気軽にフォローお願いします。




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です