秋の味覚・焼き栗バーベキュー。炭火で簡単・昔ながらの味

スポンサーリンク

いよいよ食欲の秋本番。




どんどん気温も下がってくる今日この頃です。

秋の味覚といえば?

  • ぶどう
  • キノコ
  • サンマ
  • さつまいも

今年もサンマが不漁らしいので、

栗焼いちゃいました。

 

焼き栗の作り方(炭火でバーベキュー)

  1. 栗を洗って水につける※浮かぶ栗は虫食いの可能性あり
  2. 火を起して熾火(弱火)の状態にする
  3. 栗を乗せてトングでひっくり返して遊ぶ
  4. 熱い栗が弾けるので注意(栗が割れてくる)
  5. 20分ほど焼く。
  6. 竹串がすんなり刺さば完成

 

水に浮かべると3割が浮いたけれど、虫食いの症状は見られないものもあった。

ただ主観的に沈んだ栗の方が美味しい気しました。

小さなウッドストーブの上に100円の網を乗せて焼いてみる。

ほんの些細な火遊びには最適なサイズ。

 

1分あれば組み立てられるのソロキャンプには必須です。

栗の平らな面に縦に切り目を入れる。

大きめに入れた方が食べるときに食べやすい。

 




ヒノキ薪で炭に熱を移してから、薪を抜く作戦。

栗を乗せます。

薪を抜いて豆炭だけを残すと熾火ができます。

 

小さな焚火台にはホームセンターなどで売っている炭よりも、

小さな豆炭が最適です。

チャコールブリケットは優秀です。

コストコの豆炭のコスパ最強説を徹底解明。焚き火好き必見!

日本人には「サルカニ合戦」でおなじみの現状。

熱々の栗が弾けて飛んでくる儀式も経てw

栗が次々に割れてくると、栗の中の水分が沸騰してくる。




楽しくて仕方ありません!!!

頃合いを見て竹串を指して、すんなり刺さるなら完成です。

日本の里山の栗なので、天津甘栗のようにつるっとは剥けませんが

前工程で大きめに切り目を入れれば改善できそうです。

 

栗は茹でるよりも焼き方が甘さが控えめ、

香ばしさが増します。

 

 

動画サイト

 

Twitter始めました。気軽にフォローお願いします。





にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です