フルワイヤレスイヤホン。イヤホンの種類と形状。

スポンサーリンク

イヤホンは需要の多様化の進む

消費者の需要は分岐点にある。どんなイヤホンが生産の中心となるのか。

  • 従来の有線モデル
  • Bluetoothイヤホンモデル
  • フルワイヤレスモデル

 

わたしにもイヤホン購入の季節がやってきた。

 

愛用のイヤホンが断線したのだ。

 

 

 




NO MUSIC,NO LIFE.

というキャッチコピーが若者を中心に流行したのは20年ほど昔。

 

わたしは音楽がなくても死なないが、移動中はいつも音楽を聴いている。

しかし音楽に対して愛もこだわりもないので、i-podやイヤホンの扱いはかなり雑。

そのせいで定期的にイヤホンが断線するのだ。

 

音楽に疎いくせにイヤホンにはこだわっていて、

業界では高級なのにコスパが良いと評判のメーカーのイヤホンを使っている。

 

愛用の使っている有線モデル

PHILIPSのイヤホンが音・装着感ともにお気に入りです。
しかし最近日本の量販店からPHILIPS撤退したらしい。
なぜ?
もちろんアルバイトの店員が知る由もなく、
人気はソニーです。と1番人気を勧めてきた。
実際に視聴したが確かにいい。カメラにしてもイヤホンにしてもソニーは最高だ。

イヤホンの種類

有線モデル

  • イヤホンを耳に入れた時のフィット感がヤバい!
  • フィットのあまり音の響きがヤバい!

 




Bluetoothモデル

  • バイク通勤のため、イヤホンを紛失しない

 

 

フルワイヤレス

  • 現時点の最新モデル

 

完全に迷っている。

イヤホンの形

カナル型とインナーイヤー型の2種類に分類されます。

カナル型イヤホン

耳栓型のイヤースピースを耳の中に入れるようにして装着します。

外れにくく、密閉性が高いので音漏れが少ないが、外の音も遮断されるので、移動中などには注意が必要。

インナーイヤー型

 

 

イヤホンのパーツを耳にひっかけて装着するタイプです。カナル型に比べ周辺の音も入ってきやすく、外でも安全に使用できる。種類も豊富でコスパも良い。

 

アイフォンについてくるイヤホンもインナーイヤー型です。 

 




 

 

ライフスタイルに合った道具で快適に暮らしたい。

 

でも時代に合わせた暮らしもしたい。

 

だってお洒落だもん。

 

カッコイイんだもん。

 

どうしよう。イヤホン業界はこれからどの方向に進んでいくのだろう。

 

それが分からなくては決められない。

 

 

 

しかし私はバイク乗りなのでBluetoothモデルにしようかな。

ソニーの最上位イヤホンを買って、走行中のトップスピードで落としたら、

ショックで会社に行けなくなりそうですもんね。

 

Twitter始めました。気軽にフォローお願いします。

 

てるてる坊主の正しい作り方。子どもが喜ぶ晴れて欲しい日の願掛け。

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です