狩猟の大衆鳥ヒヨドリの正しい食べ方。野鳥は塩焼きが美味しいです。

スポンサーリンク




 

料理でもカクテルでも基本の料理が一番奥が深く難しい。

 

寿司屋なら玉子焼きを食べれば店がわかる。

 

カクテルならマティーニ。

 

野鳥なら塩焼きだ。

 

狩猟期間に前にすでに今期の目標は決まっていた

みかんとひよどり 近藤史恵著

を読んでどうしても食べたかったのだ。

料理人と猟師。料理はジビエの話で狩猟という独特な世界観。

二人の絶妙な関係性とそれぞれの生き方の違いと交わりが面白い。

 

、、、本を読んだのは8月だった。

4か月間もヒヨドリの味を思い出して、みかんの風味を重ね合わせたりと坊主ののように鍛錬を続けた。

 




そして12月某日。

遂に満を持してヒヨドリを捕まえた。

狩猟の基本はヒヨドリから。

欲を抑えて力が抜けた良い狙撃だった。

 

帰宅後

猟師の大衆鳥「ヒヨドリ」

とても小さいので解体にはハサミが良いでしょう。

シンプルに塩味。

ヒヨドリは草食で主に果実を食しているので、肉に癖もなく香りも良い。狩猟の肉の最もはずれの少ない肉のひとつ。

 




ただ小さいのが難点である。

胸骨を開いて心臓・レバー・砂肝を取り出す。みかんを絞り果汁を振りかける。

 

みかんとひよどり

ほんのり柑橘系の香りと共に焼き上がりを待つ。

 

ヒヨドリは骨までぼりぼり食べるのが正しい食べ方です。

 

 

勇気を持って少し焼きすぎましょう。

魚焼きグリスを開けたり閉じたり、そわそわ。

 

最近ジビエを魚焼き機で調理することが流行っている。

 

焼き上がり

遠赤外線で良い具合いに焼けるのだ。

 

微かな内臓の滋味深さとみかん甘味が絶妙にマッチする。

非常に美味しかった。

 

Twitter始めました。気軽にフォローお願いします。



にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です