簡単なローストビーフの作り方と殺菌時間と食べ方をマスター

スポンサーリンク




ローストビーフって難しいと思っていませんか?

火の通り具合が絶妙なので失敗しそう。

良いお肉でないと美味しくない。

 

という誤解が広がっているような気がします。

近所のスーパーで買った激安の米国産モモかたまり肉(100gが140円ほど)

牛脂も置いてありますので、忘れずにゲットしましょう。

まるでマグロの赤身のような鮮やかなレッド!

逆にローストビーフを覚えてしますと、

それ以外に使い道が無いように思ってしまいます。




ローストビーフの作り方

各面を2分ずつ加熱します。

殺菌に必要な時間はこちらで確認してください。

新型肺炎コレラウイルス・ジビエの生食について

上記のホームページでも説明があるように、保温時間が殺菌には重要です。

表面の焼き加減は見た目重視で良いと考えています。(個人的観点)




動画(美味しいイノシシの食べ方)

殺菌処理はここでは気にせず、視覚的に料理をします。

私の場合は上下の2面を2分、側面を1分ずつ焼き色を付けます。

アルミホイルとサランラップで包んで1時間保温します。




ローストビーフの完成

ローストビーフにはタレが良く合います。

今回は万能のご存知『宮のたれ』を使用します。

「宮のたれ」とは

発祥は栃木!今では関東では栃木、群馬、茨城、千葉、埼玉、東海や北海道、東北にありますが、東京と神奈川にはありません。なので意外と知らない人が多い。店内では6種類からソースが選べますが9割は「宮のたれ」を選びます。醤油、酢、タマネギ、ニンニクだけで作られたソースはまさに神の比率の黄金ソースです。

ロゼ!

圧倒的なロゼですね。




ダチョウ倶楽部の寺門ジモン氏が言っていたような気がする。

生食を連想させる赤肉は、神経質な方には受付けられづらいけど、

「豚は絶対に用加熱、牛ならOK」

という話があります。

気軽にフォロー。Twitterご意見をください。

家キャンプで旬のホタルイカを食べる。自粛と美食のアウトドア

ローストビーフの作り方。焚き火フライパンだけで簡単

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です