タヌキの食べ方・美味しく食べる方法と部位の紹介

スポンサーリンク

タヌキを食べてみました。

イノシシ・シカよりは身近な野生動物のタヌキですが、

ジビエとしては狩猟界隈で「臭い」と悪名高いのです。

タヌキの食用部位

  • 内臓(心臓・肝臓)
  • バラ肉
  • ロース
  • 手足
  • お尻

タヌキ肉は一般的に販売されることが少ないので入手方法




入手方法

  • 猟師からもらう
  • ジビエ店で購入
  • 道路で轢かれてる個体

などの方法があります。

今回は知り合いの猟師さんから戴きました。

まずは塩胡椒で素材の味を楽しみました。

 

脂身の無い部位(もも)は程良いワイルド感はありますが、

(外もも)の脂身の部分はコチジャンがよく合いました。

濃いめの刺身醤油も相性がよかったです。

タヌキ肉は雑食なので個体差が激しい。

今回は大当たりのタヌキ肉だったのかもしれませんが、世間のタヌキ肉は臭くて不味いというのは、間違いや偏見なのでは無いでしょうか?

【動画】でタヌキ肉を食べる

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村