狩猟中にパトカーが来て怯える可猟区のはず!

スポンサーリンク

気づけば今日は15日。狩猟期間もあと1ヶ月しかありません。

2年目の鳥撃ちハンターのネイチャーハントです。

現時点での猟果は

  • カルガモ5
  • ヒドリガモ1
  • コガモ1
  • キジバト2

獲物を絞った猟をしているので、個人的にはまずまず。

しかし自宅の冷凍庫を見てみると

  • カルガモ1
  • コガモ1
  • キジバト1

 

少なくないか。1月に入ってから社畜として搾取されまくって、狩猟に行けないのもあるが、あと1ヶ月でジビエ(鳥)をいくつストックできるか。そもそも何回狩猟にいけるか。そんな雑念があーだこーだと眠れない。

 

AM5時に目が覚める。

朝刊を取りにいくと小雨が降っている。ああ、会社行くのやだな。狩猟にいきたいな。と濃い目のコーヒーを口に含む。

 

 

(行ってみようかな。出社は11時だし)

弾丸狩猟だ!




出発はAM6:15

獲れても獲れなくても、会社に遅れないことが最優先。

AM9時には帰宅しよう。すまんヨメ。子どもを頼んだ。。。

出猟!!

 

 

幸先良く1発外して逃げられる、

2度目のチャンスで今期最大級であろうカモをゲットしました。

ネックには当たらず2発でゲット

AM7:19

すぐに腸を抜いて、硬直前に羽をむくのがネイチャー流。散歩の人もいないので、対岸の畑で処理をしてしまおう。

 

 

そのとき!!!!

住民A登場

じいさんがこっちを見ている。

敵か味方か?

意を決して

 

 

ネイチャー「カモを洗っています」

住民A「洗う?どうでもいいけどワシの畑でやらんでくれ」

ネイチャー「すぐ移動します」(敵でした。でも移動すればよさそうな敵)

 

住民B登場

200メートル移動して別の畑で処理をすることに。もう住民がきませんように。と願いながらいつもより雑に処理が完成。仕上げにカモを洗っていると。

住民B「なにしよんの?」と白い紀州犬っぽいのを連れた老人あらわる。

!!!!!!

ネイチャー「カモを洗っています」

住民B「へ?どうでもいいが片付けて帰ってよ、犬が食うから」

どうやら仲間のようです。

ほっと胸をなでおろし、丁寧に片付けをしていると

こちらへ向かってくる赤色灯

パトカーの登場

まじかよ住民Aの通報かな。

交通量がほぼない農道ですから、きっとネイチャーの所へ来るでしょう。鳥獣保護区の地図も確認したし、周りに民家もない。悪いことしてないはずでした。住民Aには少し嫌な気持ちにさせたかもしれないが。免許を剥奪されるようなことはしてないはずです。

と呪文を唱えるネイチャーハント。

 

 

しかしパトカーはネイチャーの横を通過していった。

そもそも警察のパトカーではなかった。

高速道高架下付近にで狩猟をしていたので、パトカーの正体はは高速道のパトロールカーたっだようだ。NEXCO西日本のパトロールカーは遠目だと酷似している。

 

寿命が縮んだので帰宅です。

家に着いたのAM9:30

カモの産毛を焼いてモツを抜く作業まで出来ました。

カルガモの心臓・肝臓・砂肝(塩胡椒)

疲れた。弾丸狩猟。

ではまた。

 

フォロー。Twitterご意見をください。

 

空気銃による狩猟。カモ&ヌートリア猟。池の回収が難しい

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です