スノーピーク焚火台の紹介。憧れのアウトドアギアのオプション。

スポンサーリンク

アウトドアの大人気ブランドのスノーピーク。

高品質でかっこいいデザイン。価格は高めだけれど憧れのメーカーと言っても過言ではないでしょう。

私も買うときは清水の舞台から飛ぶ覚悟でしたが、5年ほどたった今でも

壊れずに現役の第一線で大活躍しています。本当に買ってよかったです。

スノーピークの焚火台の紹介です。

アウトドアをこよなく愛するわたしのソロキャンプファミリーキャンプ焚き火BBQまであらゆるシーンで登場します。

購入したのは5年前くらいで、荒く使い込んでいるので、かなり使用感が出ていますが、一度も壊れていません。

網もごしごし洗っても一か所の切れていません。

スノーピークの焚火台は全3種類あります。

Sサイズ(1-2人用)・Mサイズ(2-3人用)・Lサイズ(3-4人用)

SサイズとMサイズは女性でも持てるので一人でキャンプをしたい女性にもおすすめです。ただし、焚き火台Lサイズは10キロ近くあるみたいですので、女性1人では持てないかもしれません。

スノーピーク(snow peak) 焚火台S
スノーピーク(snow peak) 焚火台M

スノーピーク(snow peak) 焚火台L

用途に合わせた焚火台を選べるのがスノーピークの焚き火台の特徴です。

焚火のみを楽しむ場合は必要ありませんが、BBQをする場合は基本的にグリルブリッジが必要になります。

 

スノーピークのアフターサポートは神

スノーピークのアフターサービス。修理受付はオンラインで簡単

スノーピークの焚火台 必要なオブション1

グリルブリッジ

グリルブリッジを購入せずに網を置くとこんな感じです。使用に問題はありませんが、火の距離が近いので炭火の遠赤外線効果が十分に得られない場合がありますので、購入をおすすめします。

グリルビレッジはMサイズとLサイズのみ使用可能です。

スノーピーク(snow peak) グリルブリッジM

スノーピーク(snow peak) グリルブリッジL

Sサイズの焚火台には専用のグリルネット。

スノーピーク(snow peak) グリルネット

スノーピークの焚火台 必要なオプション2

装着可能な純正 焼アミ Pro.

スノーピーク(snow peak) 焼アミ Pro. M [3~4人用]

スノーピーク(snow peak) 焼アミ Pro. L [5~6人用]

グリルブリッジにピッタリ合う丈夫な網が純正品です。

網は使い捨て派のみなさんもいらっしゃるようですが、スノーピークの網はお勧めです。




スノーピークの網おすすめの理由

  • 重い肉からダッチオーブンまで乗る頑丈さ
  • 頑丈さ故にゴシゴシ洗える
  • グリルブリッジと合わせると高さを変えられる

高さは3段階で調整できます。BBQ最中のお肉が網に乗っている時でも

火が強いなと思ったら調整できるので便利です。

他にもオプションはいろいろあります。焚火台だけ買って徐々に揃えていくのも良いかも知れません。

他のオプションは代用品でも十分なものもあります。あなた好みにカスタマイズしてお気に入りのアウトドアギアにしてくださいね。

気軽にフォロー。Twitterご意見をください。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村