スノーピークの焚火台でできるアユの囲炉裏風の串焼き。アウトドア料理が美味しい。

スポンサーリンク

基本は”強火の遠火”これは何もアウトドア料理に限らず、焼魚の基本。

スノーピークの焚火台でアユを焼いてみました。

前回のブログでも紹介しましたが、

グリルビレッジがあるので高さ調整ができます。

3段階で熾火との距離を調整できるので

遠火でじっくり(遠赤外線の効果で、少し離した距離でじっくり、

時間をかけて焼きあげるのが美味しく調理するポイントとなる)

スノーピーク焚火台の紹介。憧れのアウトドアギアのオプション。

焼くことが出来ました。

網に平置きでも美味しいはずですが、

実は、本当は、

理想の鮎の串焼き

なのでgoogleさんに相談してみると、
早速良さそうな商品を発見!
ロゴスなら品質も安心、網の相互性もなさそうだし、
買ってみようかな。

(本当はスノーピークの純正品があったら良いんだけどなあ)

!!!!

前から思ってたんだけどスノーピークの焚火台を側面の

スノーピーク焚き火台の穴

この穴なんだろう?

スノーピークに問い合わせると🔻




空気穴らしいです。

燃焼率が上がるらしいのだが、とりあえず鮎串を差し込んでみる。

いけるやん!!!!!!!!!!!支えるものがあれば固定できそう。

横の穴を活用してみた

ずっと手で持っているのは疲れるし熱いので、

近くにあったスウェーデントーチで挟んで固定。

やった~~~~~~~~~。見てくれこの口元からのポタポタを。

スノーピークの焚火台とスウェーデントーチで完全固定。

スノーピークのアフターサービス。修理受付はオンラインで簡単

スノーピークさんには是非商品化を希望します。

遠火の遠赤外線で皮はパリパリ、水分が抜けて肉はほくほく。

完成

美味しい。塩は濃いめが◎




スノーピークの焚火台の空気穴を活用して出来ました。

でも次回は他の固定方法を考えようかな。

だって持ち運ぶにはスウェーデントーチは重過ぎる(笑)

気軽にフォロー。Twitterご意見をください。

アウトドアギアの過去記事どうぞ☟

肉の美味しさを最大限に生かす鉄製ジンギスカン鍋。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です