ジビエと相性が良いドイツビール「ドッペルボック」

スポンサーリンク




アルコールはほどほどに。

海外自宅で海外ビールを一人で楽しむ会の会長のネイチャーハントです。

今夜は第3回目の自宅海外ビールです。

オススメの海外ビール。ミラードラフトのレビューと感想

ずっと冷蔵庫に鎮座していた「ドッペルボック

ドッペルボック

ドイツ発祥のビールでドイツ語でダブルの意味。通常のビールがアルコール度数5%程度に対し、ドッペルボックは7〜13%と非常に高アルコールのビール。モルトの甘みや香りが強いのが特徴。その濃さからビール界のエスプレッソと呼ばれる。

さておつまみはどうしようか?調べてみると

【相性の良い料理】鹿肉、アヒル、ガチョウ、イノシシなどのジビエ料理と相性が良い。じゃがいもや人参を使った素朴な料理やソーセージ(スパイシーなものは除く)、チョコレートケーキやクレームブリュレなどのスイーツ、そして、カマンベールやフォンティーナといったクリーミーなチーズにもこのビールはよく合う。

 




ジビエ!?

ジビエをこよなく愛するわたくしネイチャーハントは5Gより早く反応。

早速、猟師から頂いた猪肉を取り出しました。

(半年冷凍から3日冷蔵庫で熟成させたもの)

なんだかいけそうな気がする~と反社会勢力から金銭を受けたとかで

謹慎中の天津木村さんも言うに違いありません。

味付けは前回好評だったみそ味です🔻(過去ログどうぞ)

カルガモの朴葉焼き。鴨と味噌が香ばしいジビエのレシピ

作り方は省略して↑(過去のぶろぐへどうぞ)

イノシシ肉と合う

長ネギとシメジの上に猪肉、そして特製の味噌を用意します。

焼くこと15分。ドッペルボックを用意して待ちます。

待ちきれずにプシュッと🔻

グラスに注ぐと甘い香りが広がります。

泡は多くないけれど、しっかしとした泡でビールに蓋をしてくれます。

色はダークブラウン。泡にもほんのりブラウン。

まるでチョコレートのムースのようだ。

チーン!

猪肉の朴葉味噌焼きができました。

甘い味噌と味噌がとても良い。

ドッペルボックは濃厚な甘さとコクを感じる。

しっとりとした旨味。ゆっくり飲めるビールという感じ。

美味しいな。

内容量500ミリ。味わいがあるので飽きずに飲めるし、じっくり飲むタイプなのでかなりの満足感が得られるだろう。

ただ、ビールだけでも十分に楽しめる。

つまみはナッツで十分だ。

甘いビールと甘いイノシシの油の組み合わせはちょっと❌

せめて塩焼きにすれば良かったかな。

気軽にフォロー。Twitterご意見をください。

ジビエに合うと聞いて力が入りすぎたかな。

500ミリで486円(税込)でこの満足感を得られるならまた飲みたいと思うビールだった。次回はシンプルなつまみでじっくり飲みたい。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です