焼きギンナンの作り方。銀杏の塩炒りの簡単レシピ。

スポンサーリンク

シングルバーナーチャレンジ3

秋真っ盛り。

街路樹のイチョウの木には黄色の丸々とした実が付いています。

秋の味覚銀杏【ギンナン】です。

ギンナンは異臭のおかげで、どんな動物も食べないらしい。

拾って食べるのは人間だけ。

子どもは本能的に逃げていきました。

拾うの手伝って~~~。





イチョウの木は油分を多く、加工性に優れて歪みが出にくい特性。

碁盤や将棋盤などに使われ、イチョウのまな板は高級とされる。

イチョウのまな板が欲しいです。

銀杏の塩炒りの作り方

 

ギンナンの果肉を潰して、種子を取り外す。

果肉の臭いが強烈なので、タワシ等で念入りに洗った方が良いでしょう。

 

天日干しにする。乾くにつれて、やや黄身が種子が白くなっていく。

乾いたらペンチで割ってみる。そのまま熱を加えると焼き栗のように、爆ぜるようなので注意!

秋の味覚・焼き栗バーベキュー。炭火で簡単・昔ながらの味

 

ペンチで表面を割ると、ギンナンまで潰してしまうのでやめましょう。

 

じゃ叩く。

表面の円周の筋を叩くのがコツで簡単に割れます。

このままフライパンで炒っても良いのですが、雰囲気が出るので塩炒りです。

真っ白な粗塩の上にギンナン。初めて見る景色です。

まるで毒があるようには思えないほど美しい。

 




銀杏中毒

子どもには2粒くらいまで。大人でも食べ過ぎは良くないようです。

症状は嘔吐と痙攣。顔面蒼白、呼吸困難、めまいや意識混濁、便秘や発熱が起きます。

過去に死亡例もあるそうです。

弱火で15分。塩がぱちぱちと弾けますよ。

焼き塩の間から顔を出すギンナン。

宝石のように輝くエメラルドグリーンのギンナン。

 

動画サイトでお楽しみください。

 

さてどんな味か?

 

Twitter始めました。気軽にフォローお願いします。




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です