【薪を安く買う】衝撃の1束200円!秋の焚き火好き必見。コスパの燃料効率

スポンサーリンク

焚き火が好きです。

BBQと焚き火の薪を使い分ける。薪の種類とポテンシャルを最大限に引き出す。

焚き火シーズン

童謡の落ち葉焚きの歌があるように秋は焚き火のシーズンです。

焼き芋をして家族で楽しんでも良し、

ただただ火を見つめて自分の世界に浸っても良し。

 

特にお金はかかりませんので気軽に始める趣味としてもおすすめです。

強いていえば薪や炭の料金が必要です。

薪の相場は近所のホームセンターで1束700円。

地域や時期、環境的な要素にもよりますが、

決してバカにならない金額なのです。

薪を安く買う方法

今日は市が運営するリサイクルセンターへ

ここは家庭の不用品や粗大ゴミを回収してくれる施設ですが、

林業で出る不要な木を職員さんが自ら割って販売しています。

1束200円なので、近所の相場の半額以下です。

森林業者から直で購入しても350円はするので、

割安感があります。

全国的に見ても環境自然の有効化を考えて、薪の販売をしている施設が増えてきていますので、お住まいの地域で探してみてください。

今日は8束を購入しました。

私はソロでキャンプや焚き火の機会が多いので、

これでしばらくの間、焚き火を楽しめます。

もちろん木の種類は様々です。




薪の種類

燃焼時間が短いが着火しやすいのが針葉樹

燃焼時間が長いが着火しにくいのが広葉樹です。

購入した薪は重量や密度からして広葉樹。

着火剤やチャコールブリケットを併用使用すれば

コスパ良くはゆっくりと焚き火を楽しむにはおすすめです。

コストコの豆炭のコスパ最強説を徹底解明。焚き火好き必見!

形は不揃いですがそれも風情があって良し。

動画やってます

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村